性のネット外来

性についての正しい知識と情報をお届け

性病

女性のクラミジアは自覚症状が少なく不妊症になる可能性も!?怪しいと思ったらすぐに検査をしましょう!

投稿日:

「クラミジアにかかってしまったかも…」
「検査したいけど病院に行くのも恥ずかしい…」

そんな女性の為に
女性がクラミジアに感染した時の症状や予防方法、そして、自宅簡単にできる検査方法について分かりやすくまとめたので、もしかしたらクラミジアかも!?という風に悩んでいる方は是非参考にして読んでみてください。
自覚症状が少ない性病なので思い当たることがある方には是非検査をする事をおすすめします。

クラミジアとはどんな病気?

まずはクラミジアがどの様な性病なのかをしっかりと理解する事で、クラミジアに感染してしまったらどの様にすればいいか分かるはずです。

様々な性感染症がありますがクラミジアは、女性がかかる性感染症の全体の約60%を占めており1番感染する可能性が高い性感染症です。


クラミジアには、いくつかの種類がありますが感染者が増えているのは「クラミジア・トラコマティス」というタイプで性行為で性器粘膜から感染します。
粘膜の接触で感染する事が多くコンドームの着用をしていれば挿入時の感染の対策をする事は出来ますが、オーラルセックスでの感染の可能性もあるので、菌保有者とのセックスで確実に感染を防ぐというのは難しいものとされています。

ちなみに、クラミジア感染者と性行為をして感染する確率はおおよそ50%とされています。
決してこの確率は低くなく、何度も性行為をしていればいつかは感染してしまうと考えた方が良いと言えます。

クラミジアの症状は?

クラミジアの潜伏期間は1週間〜3週間で発症した際の症状ですが

・軽い生理痛のような症状
・おりものが増えたり黄色い濃いおりものが出ることもある。
・下腹部が痛み
・外陰部や膣にかゆみを感じる
また、オーラルセックスにより口がクラミジアに感染した場合は、喉が炎症をおこし風邪のような症状が出る場合もあるようです。

男性に比べてもほとんどの方が感染したことに気づくことが少なく
クラミジアに感染をしていた約80%の方が自覚症状がないという統計が出ています。

 

クラミジアはほっとくと危険!

クラミジアは放置をしてしまうと不妊症の原因になる可能性があると言われています。
不妊症とは、避妊しないで妊活しているにも関わらず1年以上妊娠しない状態のことを言います、女性の不妊症の原因ですがクラミジアによる卵管炎で不妊症になる可能性があります。
卵管炎とは、卵管が炎症することを指します卵管炎にかかると不妊だけでなく流産・早産の原因となることもあります、また妊娠中に卵管炎にかかってしまうと新生児の呼吸器にクラミジアが感染し新生児がクラミジア肺炎にかかってしまうこともあるようなので注意が必要です。

不妊症の原因は、男性女性どちらに原因があるか、ということは分かりづらいので不妊症に心当たりのある方は、双方の検査することをお勧めします。

現在クラミジアに感染しているか検査する方法は下記のものがあります。

病院での検査方法

泌尿器科での検査方法は主に
代表的な検査方法としては膣の内側の粘膜や子宮頸管付近の分泌物などを採取しての検査になります。
恐らくどこの泌尿器科でもこの検査方法がメインとなってます。
クラミジアの成分を増幅させて検出させるという方法になるので、おおよそ一週間後ほどにまた病院に行って検査結果を教えてもらう事が多い様です。

自宅での検査方法

自己判断だけで性病を決めるのは難しいと言えますし、何よりも素人判断は、いたずらに感染期間を伸ばしてしまうだけになりかねません、

近年は自宅で性病の検査が出来るキットなどが販売されてます。
薬局などでの販売はなく、基本的にはネット販売がメインとなってます。

検査キットの簡単な使い方の流れは
ネットで購入→自宅で検体を採取→郵送で返却→最短日数で結果報告
という流れになります。
時間はかかりますが、病院で知人に見つかるなどの心配がないのがメリットと言えます。

それぞれの検査方法のメリットとデメリット

検査方法による、メリットデメリットはそれぞれあります。
それをしっかりと理解した上で自分にあった検査方法を行ってみましょう。

病院での検査でのメリットデメリット

メリット

病院での検査は何よりも対面でお医者様に相談を出来る事が一番のメリットと言えます。
そしていざ性病が発覚をした場合は処方箋を出してもらう事も出来るので、検査から治療までがスムーズに行う事が出来ます。
費用も保険が適用されるので、自己負担が少なく済むというのも病院でのメリットと言えます。

デメリット

女性がクラミジアやその他性病の検査を病院でする上でのデメリットとして多く声が上がるのが、やはり知人にばったり会ってしまう、あるいは、お医者様が男性だった場合は女性器を見られる事に抵抗があるという声が多いそうです。
あとは扶養に入っている場合保険証から病院の利用がバレてしまうなんていうケースもあるので結婚してるけど相手にはバレたくないという方には注意が必要かもしれません。

検査キットでのデメリット

メリット

検査キット最大のメリットは誰にもバレる事なく検査が出来るという事が最大のメリットと言えます。自宅で説明書通りに使用して郵送をするだけなので、第三者にバレる事なく自己完結で検査をする事が出来ます。

検査結果もスマホで確認する事ができ、郵送で検査結果と検査キットが届く際にも中身がわからない様にシークレット包装してあり包装紙を取らなければ中身が何かわからない上、伝票にも記載が無いようなサービスになっているので安心です。

女性の方が対応してくれる電話サポートもあります。
もちろん病院にいく暇がないという方にもおすすめです。

デメリット

検査キット最大のデメリットと言えるのは、検査キットはあくまで検査をするだけであって治療が出来ないという事です。

いざ検査結果が出て陰性であれば良いですが、いざ陽性反応がでてしまった場合はそこからさらに病院で抗生物質を処方をしてもらうなどが必要になります。

まとめ

病院での検査と検査キットを使っての検査にはそれぞれ時間や金額以外にもメリットデメリットが存在します。
性病を放っておくと重症化してしまったり将来的な後悔に繋がるなんていう事も十二分にありえます。

病院での検査と検査キットの使いわけの目安として
明らかに性病の症状が強く出ている人は、病院に最初から行く事をおすすめします。
疑わしく、明らかではないが心配という方は検査キットを使ってみるのもいいかもしれません。

何よりも病院の検査でも検査キットでも、しっかりとした自身の状態を把握するという意味では変りません。

心当たりがあれば、手遅れになる前に検査をしましょう。

-性病

関連記事

性病がうつる確率は予想以上に高かった!!性病予防・早期発見にはセルフ検査がおすすめ

性病がうつる確率と特徴 性病(性行為感染症)は、『性行為による感染』『血液による感染』『母子感染』の3つが感染ルートとされていて、性行為でうつる事が特に多いです。 性病は性器に症状が出ることもあります …

性病は自分で検査できる時代に!!もしかして…と思ったら簡単検査キットでセルフチェック

性病(性感染症)は自分で検査! ついに性病検査が自宅に居ながら受けられる時代がきました!! プライバシーが守られて、時間がなくても気軽に検査が受けられる「性病検査キット」があるってご存知ですか? 病院 …