性のネット外来

性についての正しい知識と情報をお届け

EDってなに?

EDって何のこと?

ED(イーディー)は「Erectile Dysfunction」の略で、勃起機能が低下してしまう男性特有の病気です。
EDは年齢のせいだと思われがちですが、年齢に関は係なく20~30代でも発症します。
医療機関を対象とした調査によると、成人男性の4人に1人がEDに悩んでいて、軽度の患者さんを含めると成人男性53%にものぼります。
驚きの数字ですね。

EDの症状

EDの症状は人それぞれで、全く勃起しない人だけがEDではありません。
「勃起が十分でないために、満足のいくSEXができない」のがEDの定義なので、勃起に時間がかかったり、中折れしてしまうことが多い人もEDの可能性があります。

正常な勃起は、まず性的刺激を受診した脳が神経を通って陰茎に伝達され、陰茎海綿体の動脈が大きく広がり、血液が流れ込むことで起こります。
EDは「受診」「伝達」「血液の流入」のサイクルが上手く働いていない状態です。

EDの原因

歳をとるごとにEDになりやすくなるのは事実ですが、加齢だけがEDの原因ではありません。
主な原因は「心理的要因」「血管や神経の障害」「薬剤の副作用」の3つです。

心理的要因

心理的な要因で起こるEDには大きく分けて2つのタイプがあります。
1つ目は「現実心因」です。
肉体的・精神的疲労が積み重なった精神的ストレスや、「あなたはダメな男ね」「物足りない」「下手くそ」など、パートナーからの心無い一言が原因でEDになってしまいます。

現実心因の特徴は、「最近疲れを感じる」「夫婦生活が上手くいかない」など自分で原因の見当がつくことです。
なので、数回のカウンセリングや薬の服用でわりと簡単に治ってしまうことが多いです。

2つ目は「深層心因」です。
まだ若く、身体が健康で精神的ストレスなどはないのにEDになってしまった場合、深層心因がEDを引き起こしている可能性があります。
過去のトラウマなど、心の奥深くにある何かがEDの原因となっているのです。
深層心因の場合、原因が無意識の先に存在しているので、自分でも原因に見当がつきません。

なので治療がとても難しく、原因を突き止めるまでに時間がかかります。

血管や神経の障害

血管や神経に何らかの障害が起きると、EDになってしまいます。
血管・神経に障害を与える原因として最も多いのが、生活習慣病です。
「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」「心血管障害」などの生活習慣病は血液循環に大きく関わる病気なので、陰茎の動脈硬化が進み、EDを発症しやすくなります。

以前はあまり知られていませんでしたが、「脳出血」「脳腫瘍」「脳外傷」「パーキンソン病」「アルツハイマー病」なども、EDの原因とされています。
また、神経や血管を損傷する恐れのある泌尿器系の疾患や手術が原因となっている場合もあります。

薬剤の副作用

様々な病気やケガを治療するために服用している、薬剤が原因でEDになってしまうことがあります。
先程EDの原因となりえる疾患として紹介した、高血圧を治療するために服用することが多い「降圧薬」は、EDの副作用がある薬剤として知られています。

EDを発症する作用がある薬剤

【中枢神経に作用】

  • 解熱・消炎鎮痛剤
  • 抗うつ薬
  • 抗けいれん薬
  • 抗精神病薬
  • 向精神薬

【循環器系に作用】

  • 降圧薬
  • 不整脈治療薬
  • 利尿剤
  • 血管拡張剤
  • 脂質異常症治療薬

【末梢神経・消化管に作用】

  • 鎮けい薬
  • 抗コリン薬
  • 消化性腫瘍治療薬

これらは、EDを引き起こす副作用がある薬剤の中でも、特に多く使用されているものです。
この一覧に書かれていなくても、薬剤の副作用によってEDになってしまう場合もあります。
薬剤の服用に不安や違和感を覚えたら、専門医に相談してみましょう。

治療方法

EDの治療方法には、「内服薬による治療」と「外科的治療」の2種類があります。
一般的に診察・問診の後、心臓などに異常がない場合は内服薬による薬剤治療が行われます。
内服薬は、ED治療薬という勃起のメカニズムを正常にする作用のある薬剤です。
最近ではED治療薬の研究が進み、交通事故などで骨盤や脊椎を損傷して麻痺や神経反射に障害が残ってしまっても、治癒が見込めることがあります。

持病や他の薬剤との飲み合わせによりED薬を服用できなかったり、ED薬の効果が現れなかった場合には外科的治療を受けることもできます。
病院によって異なりますが、ED治療は保険適用外なので、患者さんの意思を尊重されることが多いです。
治療法としては、「陰圧式勃起補助器具の装着」「陰茎海綿体注射」「人口陰茎」などがあります。

健康習慣で体も心も快活に

EDは、日常生活の影響を強く受けて発症することが多い病気です。
喫煙や飲酒も、日常的に大量に摂取してしまうとEDを引き起こす原因になると言われています。
嗜好品はあくまで嗜む程度にとどめて、心身ともに健康でいられるように心がけることが、EDの予防・改善に繋がります。
いつまでも若々しく元気でいられるように、普段から健康的な生活を心がけましょう。

投稿日:2018年11月1日 更新日: